さとり喫茶店~無個性なぼっちからの脱却物語~

楽天アフィリエイト紹介時、a8netか楽天どっちのリンクがお得?

最近は楽天で5万ぐらい稼げてきたので楽天アフィリエイトについて色々調べてたんですが、

楽天ってA8でもリンク作って紹介できるんですね!!

楽天本家しか最初から使ってないので驚きました!じゃあA8のほうが支払いが現金だし消費税もプラスされて払ってくれるのでいいじゃん!

リンク貼り替えようかな??と思った人!

ちょっと待った!!!

当然と言うか予想通り楽天、A8どちらも同条件ではなく、メリットとデメリットがあります。

ちゃんと学んで見極めてからチョイスしましょう!ということで今回は楽天の商品をアフィリする時、楽天直リンクがいいのか?A8経由が良いのか調べました!!

 

楽天アフィリエイトと比べたA8経由リンクのメリット、デメリット

今まで楽天アフィリエイトしか使ってない僕なので、

楽天目線でA8経由で楽天のリンクを作成してブログに貼る場合の良いところ、悪いところをまとめていきます!

A8.netとは?

A8.netは会員数、広告主数ともに最大規模を誇るアフィリエイトサービスです。
Amazonや楽天など有名なショップから、まだあまり知られていない注目商品を扱うショップまで幅広いジャンルの広告を扱っています。自分のサイトやブログを持っていない方でも登録OK!誰でも簡単にアフィリエイトを始めることができます。

→A8.net公式サイトはこちら

審査なしで簡単なのは楽天直リンク!

楽天アフィリエイトでアフィリリンクを作成する時、基本的にサイトの審査やサイト毎のリンク区別がありません。

A8だと審査までに時間がかかったりしますね!

その分、楽天のほうがサイトの審査という点では簡単です。

楽天は画像リンクが決まっている

こちらはA8の良いところ。

楽天だとリンク作成時に画像のみにしても画像サイズが5パターンしかないんですよね。

一方A8だと画像などリンク作成方法は結構規約がゆるい気がします。

画像リンクにこだわりがある場合はA8のほうが使いやすいでしょう。

A8は売り上げショップがわからない

これは僕のメルマガの読者さんが教えてくれたんですが、

A8の場合、楽天で売れてもどのショップからいくらの商品が売れたかわからないようです。

楽天の場合はショップと金額がわかります。

らく

 

なのでショップ名と金額で絞って検索すると大体どんな商品が売れているのかわかったりするのでブログに活かせます。

この点では楽天直リンクのほうが便利だと思います。

クッキーは?

A8は報酬料率が一律1%

※2017年6/6日追記

A8経由だと0.93%になりました。詳しくはコチラの記事へ

大事なとこなので大きく書きました。

そうなんです。楽天直リンクとA8経由で楽天を紹介する場合決定的な差はこれ!

A8だと紹介した商品が料率何%とかクッキーで売れた商品が料率何%とか関係なく固定で1%なんです。

先程の楽天成果報酬画像でもありましたが

らく

 

意外と2%,3%、5%とかもあるんですよね。もっと言うと50%,70%とかもある。

特に気をつけないといけないのは、自分のサイトに合った商品が楽天だと高い料率の場合。

この恩恵が受けられないのは損な気がします。

僕の場合アクセサリー系のブログ作ってるのでよく売れるショップが料率5%なんですよ。これを知らずにA8経由を使い続けてるとずっと4%損してた・・・

ということになるので一度、紹介したい商品が楽天だと何%なのかチェックしておいたほうが良いでしょう。

 

あと楽天にも料率制度があってランクが上る可能性もありますので。

ランクが上がると、当然ランクに応じて料率も上がるので、例えばですが通常1%のが5%とか・・・あり得る世界です。

月5万楽天で稼げた僕が思うのは結構クッキーがデカイ!ということ。

楽天を紹介していけば当然日々アクセスが上がるに連れて楽天リンクをクリックしてくれる数も多くなってきます。そうなるとクッキーでブログで紹介してない商品の報酬分が頂ける。ということが増えてきます。

そうなってくると料率1%で固定のA8だと損しかない気がしますね。

クッキーで売上が上がって、それがまた料率ランクアップに繋がる・・・という好循環も期待できますので。

手数料

A8.netから支払いの際には手数料が引かれます。
一番安いゆうちょ銀行なら30円です。
金融機関によって108円~756円。

楽天の場合は無料。ですが月3,000ポイントを超えて楽天キャッシュで付与されたものを換金すると10%の手数料がかかります。

これは楽天の報酬を生活必需品に使うなど工夫が必要です。

詳しくはこちら↓

 

楽天アフィリエイト直リンクのほうがA8より強い説

これは公式の見解ではなくあくまで噂のお話。

簡単に言うとASP経由の楽天アフィリエイトよりも、公式の楽天アフィリエイトのリンクの方が強いということ。

 

例:

Aさんが作ったサイトに楽天直リンクを貼る、Bさんが作ったサイトにA8経由の楽天リンクを貼る。

そしてCさんがAさんのサイトに行き楽天直リンクをクリック、その後CさんがBさんのサイトに行きA8経由の楽天リンクをクリック

その後30日以内にCさんは楽天内で商品を購入しましたとさ。

 

この場合、Cさんは同時に見かけは同じ楽天のリンクを踏みましたがこの場合、Aさんの楽天直リンクの方に成果が確定される。例えA8経由の楽天リンクが後から踏まれていたとしてもです。

とまあアフィリエイトのクッキーの概念を覆してしまうような噂ですが、これはあくまでも噂レベル。ただ、ネットを見ているとA8経由の成果報酬が破棄される確率が楽天直リンクに比べると高いとも言われています。

A8を使うとなった場合に少し不安が残りますね。

報酬の支払い方法

A8は手数料がかかりますが、消費税が上乗せされてしかも現金なのが嬉しい所。

一方楽天は3,000ポイントまでは楽天スーパーポイントで付与され、それ以上は楽天キャッシュ。
ただ、楽天キャッシュを換金する場合手数料が10%かかるのが痛いところ。

10,000だと1,080円

50,000円だと5,400円!!

 

ということでこれは報酬の使い方によって変わりますね。

 

A8は全部現金でもらえるけど、料率は固定で1%。
現金でもらいたい人はA8が良いように思われますが、料率1%の弊害により、

楽天にしておけば「もしかするともっと報酬がもらえたかもしれない!」

「実はよく売れる商品が楽天直だと5%だった!」

楽天キャッシュでかかる手数料10%以上かせげてたかもしれない!

というジレンマと戦い続けることになりそうです。

一方楽天は料率も固定じゃないし、アクセスが集まってくるとクッキーで
成果が上がる可能性が増えて報酬もあがる!

ただ貰ったポイントの使い方が重要。

一番良いのは報酬を楽天市場内で使い切れる場合。換金する必要もないし、手数料の心配もない。

ただ現金化を望むならキャッシュを換金する際の手数料に注意しましょう。10万で1万ですからね・・・

結論

というわけで、楽天の商品を紹介する場合、

楽天アフィリエイト直リンクかA8経由がいいのか?について検証してみました!

結局ですね、

報酬の受け取り方、使い方によると思います。

A8の場合はあまり稼げてない時からすぐ現金化できるのが良いとこ。

楽天は報酬がアップしてきていざ現金化するとなると手数料が痛い・・・

ただですね。楽天で月5万稼いだ僕が今思うのは

楽天アフィリエイトの直リンクのほうが良い気がする。

僕の場合、楽天アフィリエイトの報酬はポイントでもキャッシュでも頂いてますが、まだ換金してません。

貯金みたいなもんですね。

意外と必要なものを楽天で買うようにすると便利だし、1ヶ月単位で見ると使おうと思えば結構なお金使える。

それでもし、現金化する時が来たとしても手数料分ぐらいまた稼げば良い。むしろクッキーや料率の高いお店の報酬だけで手数料分ぐらい稼いでるんじゃない?

というのが今の僕の感覚です。ほんとアクセスが集まってきて1日のクリックが100とか越えてくると毎日何かしら売れるのででかいです。

なので、サイトにアクセスが集まって、売れる仕組みができればできるほど楽天直リンクのほうが有利になってくる!

あとは紹介したい商品が楽天で高料率の場合は絶対楽天が良い!!

だって一ヶ月に何十個売れる商品がa8で0.93%固定なのと、楽天5%固定なのと(僕の紹介してるショップの場合)では4%の差が出ます。売れれば売れるほど損するって嫌じゃないですか・・・

というのが僕の結論。

人によって好みや、ライフスタイルによって報酬の使い方もあるのでこの記事を参考に考えてみてください!

楽天で月67,000円稼ぐまでの道のりをまとめた貴重なレポートをプレゼント中!

楽天で月67,000円稼ぐまでの道のりをまとめた貴重なレポートをプレゼント中!
「自分の力でブログで稼ぎたい」「でも、専門的な知識なんてない・・・」

「かと言って、稼ぐために興味ない事をひたすら作業するなんて苦痛・・・」

「まず1万円稼ぎたいんです!」

って人は僕の楽天に関するレポートを見てください。
僕が楽天で月67,000円稼ぐまでの道のりをまとめた貴重なレポートです。

今なら無料で配布中!!
ブログアフィリエイト初心者は楽天から始めるのがおすすめ。
このレポート一つで今すぐ楽天アフィリエイトで稼げます!
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top