さとり喫茶店~無個性なぼっちからの脱却物語~

ゆっぺ過去11.物販初報酬編

どうも、ゆっぺです。

前回は北っちさんに教えてもらうようになり、1日1記事を始めた頃のお話をしましたが、

→ゆっぺの過去.10~鉄の掟、1日1記事時代~
これ、どれくらい続けたんだろう?

半年?1年?

覚えてないけど稼げない間は続けてたと思う。

で、記事での収益源としてはアドセンスとAmazon、楽天
などの物販を紹介してたんですが

アドセンスは1日1記事書いてると
アクセスも徐々にだけど増えていくので

報酬も上がっていった。

だけど物販はそうもいかず・・・

売れてる!と思ったらクッキーで紹介してない商品が売れたり・・・

自分が狙ったというか、紹介した商品ってなかなか売れないんだな~

って痛感する期間が半年ぐらい続いた。

で、ちょうど半年経った頃

その瞬間は訪れます。

物販初報酬

それまでほぼ活動休止状態だったブログテーマのバンドがソロで始動する。

そしてアルバム発売!という情報が流れ込んできた。

その情報を知った瞬間

あ、これ絶対CD売れるな。

という予感がありましたね。

だって同じバンドを好きな人たちに向けて書いてるブログにある程度人が来るようになって

その人達がこのソロアルバムに興味ないはずがない!

僕だったらソッコー買う。

だからなんか予感があった。

結果、紹介すると・・・

AmazonでCDが売れた!

40円とかそこらへんの報酬だったけど嬉しかったですね。

その月で言うと初報酬後も何十枚か売れて1000円ぐらいになったのかな

報酬画像はブログの「ゆっぺの実績」から見れます。

→ゆっぺの実績
いや~嬉しかった

バイト行く前歩きながらスマホでAmazonのレポート画面見て、売れたの知って

ソッコー北っちさんに報告したのを今でも画像として頭に残ってますね

で、その時気づいたのは

ネットで物を売るってこれぐらい確実というか
買うしかないでしょう!!

ぐらいの状況じゃないと逆に売れないんだな・・・

ってこと。

なんでも良いですがガチのファンだったりオタクだったら好きなバンドやアニメのCDやグッズはリリースされたら懐事情とか関係なく買うんですよ。

無理とかじゃなくとりあえず買う。

ファンってそういうもんです。

だから逆に言うと何を紹介するにしてもそれぐらい買わない理由をなくすぐらいの記事を書かないと物販は結果でないんだなって

気づいた感じがありました。

この感覚が今に至るまでかなり役に立ってる気がします。

まとめると、

僕の場合最初はアドセンスで報酬が出た。

その後物販(CD)でも初報酬が出た。

どっちの方が稼ぎやすいってことはないけど、物販で稼ぐならそれなりの戦略というか

売れる流れみたいなのが必要なのもわかった。

僕にとって物販初報酬がCDだったけど

それが今やアクセサリー系ブログで楽天月5万とかになってる。
僕のこれまでの報酬の流れというのは

最初アドセンスで数万という壁を越えて

それから物販、今のアクセサリー系ブログに挑戦して今や月で見るとアドセンスの報酬を物販が越えてます。

で、なんで物販で結果が出たかというと売れる流れみたいなのを師匠に教えてもらったからです。
マーケティング的なところかな。

もちろん、初報酬の新曲のCDみたいに買うしかない状況が自然と作れればいいんですが

そんな毎日CDリースされないしね・・・笑

他のテーマでもいつもの記事書いてる感じで買うしかない状況が作れてたらもう天才ですよ。

教えてもらう必要もないし、もう稼げてるはず。

なので今アドセンスで稼げてるけど物販に挑戦したい!

とかブログ書いて紹介したい商品がある!
って人はやはり教えてもらうのが一番かな。

独学でやるとかなり時間かかるし、合ってるかもわかりません。

なので今物販に挑戦したい!
とりあえずテーマにしてる商品を自分の力でブログで売ってみたい。
という人はメルマガでも情報発信してます

→メルマガ登録はこちら

それでは。

楽天で月67,000円稼ぐまでの道のりをまとめた貴重なレポートをプレゼント中!

楽天で月67,000円稼ぐまでの道のりをまとめた貴重なレポートをプレゼント中!
「自分の力でブログで稼ぎたい」「でも、専門的な知識なんてない・・・」

「かと言って、稼ぐために興味ない事をひたすら作業するなんて苦痛・・・」

「まず1万円稼ぎたいんです!」

って人は僕の楽天に関するレポートを見てください。
僕が楽天で月67,000円稼ぐまでの道のりをまとめた貴重なレポートです。

今なら無料で配布中!!
ブログアフィリエイト初心者は楽天から始めるのがおすすめ。
このレポート一つで今すぐ楽天アフィリエイトで稼げます!
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top