楽天VSAmazonブログアフィリエイトするならどっちを選択すべき?

ブログアフィリエイト始めた頃、まず紹介するので多いのは楽天とアマゾン、

1つの記事でそこから両方紹介して良いの??

というところから始まり、分からないところだらけだと思います。

そして、行き着くのが結局アマゾンと楽天どっちが良いの??

っていうこと。ぶっちゃけ両方貼っちゃっても良いんですがそれじゃ芸がないので

今回は楽天、アマゾン、どっちを選択するべきかをいくつかのパターンも含めながら検証していきましょう。

楽天VSAmazonブログアフィリエイトするならどっちを選択すべき?

楽天とアマゾンのシェアはどっちが上?

まずはこちらを見てみましょう。

出典元:ネットショップ担当者フォーラム

これは2017年の日本のEC市場における企業別のシェア

Amazonが20.2%でトップだった。

2位の楽天は僅差の20.1%、3位はソフトバンク(Yahoo!ショッピング)で8.9%。上位3社の合計で市場シェアの約5割を占めている。

ということで、一昔前まではアマゾンは世界的にシェアが高い。楽天は日本で強い。

という印象でしたが、今はほぼシェア率は同じ。

ということは楽天だから、アマゾンだから売れない・・・

ということはなさそうですね。自サイト、読者さんに合ったショップを選ぶべきといえます。

審査の厳しさ

アマゾンならアマゾンアソシエイト、楽天なら楽天アフィリエイト

それぞれアフィリエイトをする時は登録してサイト審査を通過しないといけませんね。

楽天はほぼ今は審査なしという状況。
必要な情報さえ送ればアフィリエイトできるようになります。

アマゾンは人によっては落ちる人もいるようなので楽天よりはハードルが高い。

でも普通にしてれば審査はいつか通るでしょう。

料率の比較

アマゾンの一般紹介料率

このようにアマゾンは0%から10%まで商品によって料率が違います。

ファッション系は料率が高いイメージなので自サイトとの相性で上手く使えば高い報酬をゲットできそうですね。

楽天アフィリエイトの一般紹介料率

楽天の場合は一般的には固定で1%というのが定説

しかし次の場合例外があります

・料率ランクによって適応される料率が違ってくる

・高料率ショップが存在し1%から99%まで実は幅が広い

楽天料率ランクの内容

ws000000

ランクS:1億円以上

ランクA:1,000万円以上

ランクB:100万円以上

ランクC:5万円以上

ランクD:5万円未満

  • ・料率ランクとは、毎月の確定した売上額の合計に応じて、各パートナー様に設定されるランクのことを指します。

ここでポイントなのは確定した売上額に応じてというところ。楽天アフィリエイトには未確定の成果レポートなどありますが、確定の売上額を見ないといけません。

多くのASPは成果報酬に応じてランクが決まったりしますが、楽天は違うので注意が必要です。

楽天はほとんどのショップの料率ランクが1%なので意外と売上額が多くても報酬額が低いと感じる時があります。なのでSランク、1億円以上という桁違いのランクも存在するわけです。

  • 料率ランクの更新は毎月15日に行われます。
  • 当月に確定となった売上額をもとに、その月のランクが決定されます。

この料率ランクによって料率が違ってくるわけです。

中にはランクによって数十パーセントも料率が違ってくるので使い方によっては楽天アフィリエイトは高料率なASPになります。

 

クッキーの比較

  • クッキーとは?

インターネット閲覧者のブラウザ(インターネットエクスプローラーとかFirefox、Chrome、Safariなど)でウェブページを見た際に閲覧履歴のように埋め込まれる足あとデータがクッキー。

そのクッキーにはブラウザに保存期間というものが設定されていて

それが楽天の場合は30日。アマゾンの場合は24時間です

例えばあなたのサイトの楽天アフィリのリンクを読者さんがクリックした後,その読者さんが30日以内に楽天内の他のショップ、商品を買ったらあなたにそのアフィリ報酬が付与されるということ。

アマゾンの場合は24時間以内です。

 

というわけで、クッキーでは楽天が30日とぶっちぎりで長いですね。

なので、例えブログで紹介してる商品が売れなくても、ある程度ブログのアクセスを集めてクリック率を上げればクッキーだけで数万円稼げる可能性もあるということです。

報酬支払い条件

 

  • アマゾン 5000円以上になれば現金で銀行振り込み
  • 楽天アフィリエイト 月の確定報酬額が 3000ポイントまでは楽天スーパーポイント、それ以上は楽天キャッシュで支払い

アマゾンで5000円って最初は結構絶望した覚えがありますね。
最初は1ヶ月で行こうとするとかなりハードルが高いかも。

楽天の場合は楽天キャッシュで付与されても換金するために10%の手数料が必要。

1万なら1000円です。

これが楽天アフィリエイトに挑戦する時の障壁になってましたが・・・

2017年11月頃から3ヶ月連続で成果報酬が月5000ポイント以上で審査を通過すれば

銀行振込み可能に!手数料も楽天銀行なら30円と劇的な変化!

詳しくはこちらにまとめてるのでどうぞ

 

結局は自ブログ、読者さんの性質に合った方を選ぶべき

ここまでアフィリエイトする側の視点で見てきましたが

結局どっちを選択するべきなの?

ってなると思うんですよね。

結論としては、料率などこっちの都合も考えなくちゃいけないけど

いちばん大事なのは読者さん。

ということ。

アマゾンはCD、本、楽天はファッションが強い??

例えばいくら料率が高いからと言って自ブログのリンクをアマゾンばかり使ってたとして

もしブログの読者層が楽天をよく使う主婦さんが多かった場合、

当然楽天のリンク貼っておくほうが良いですね、ポイントを多く持ってる可能性もあるのでポイントで購入する可能性もあります。

結果、アマゾンでは望む結果が得られないかもしれないですね。

 

あとは商品のカテゴリーにもよりますね。

一般的にはアマゾンはCD、本、楽天はファッション

に強いと言われてるようです。

確かにCDとかはアマゾンが一番安いし、楽天はファッションショップがたくさんある気がします。(あと主婦層に人気のようです)

 

そこでCDや本をアフィリエイトする時、楽天ブックスばかり使ってた場合、読者さんは楽天では買わず、
わざわざアマゾンまで行って検索して買うことになります。

これは読者さんにとってはめんどうですね。

逆に主婦向けのブログを作ってたとして

アマゾンがファッション系の料率が高いからと言って、アマゾンで服ばかり紹介していて売れない・・・

でも楽天のショップにしたら急に売れ始めた・・・

という可能性もあります。

僕もASPを楽天に変えただけで報酬が5倍になったことがあります。

この事例は無料でレポートにて公開してるのでよければ受け取ってくださいね

→楽天アフィリエイトで月5万稼いだ方法をまとめたレポートはこちら

 

なので

・いかに読者さんが見えてるか?

・読者さんの利用してるASPを見極められるか??

 

が重要になってきます。

まとめ

というわけでアマゾンと楽天、どちらをアフィリエイトするほうが良いの?

という問に対しての検証でした。

シェアもほぼ同じだし、正直どっちだから売れる、売れないというのはない。

あとは自分のブログに合ったASPと読者さんに合ったASPに合わせて

アマゾンを選ぶのか?楽天を選ぶのか?

もしくは他のASPを選ぶのか??

が決まってきますね。

でも最初はわからないと思うのでとりあえずアマゾン、楽天、両方用意しておくのもあり。

試してみてクリックが多い方、報酬が出てる方に徐々に一本化していけば良いと思いますよ。

楽天アフィリエイトのほうが合ってるよ!
というブログの例が知りたい人はレポートにまとめたのでこちらから↓

→楽天アフィリエイトで3ヶ月で月5万円稼ぐ方法を知りたい人はこちら

楽天アフィリエイトで月6万7千円稼いだ!只今、楽天アフィリエイトの報酬を3ヶ月で5倍にした方法を公開中!

「自分の力でブログで稼ぎたい」「でも、専門的な知識なんてない・・・」

「かと言って、稼ぐために興味ない事をひたすら作業するなんて苦痛・・・」

「まず1万円稼ぎたいんです!」

って人は僕の楽天に関するレポートを見てください。

僕が楽天で月67,000円稼ぐまでの道のりをまとめた貴重なレポートです。

今なら無料で配布中!!

ブログアフィリエイト初心者は楽天から始めるのがおすすめ。
このレポート一つで今すぐ楽天アフィリエイトで稼げます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です