検索キーワードボリュームを無料で分析できるキーワードプランナーの使い方

今回はブログを上位表示させるために必要な「キーワード選定」に役立つ、

キーワードプランナーを使った「検索ボリュームの調べ方」を解説します。

それでは、どうぞ!

 

キーワードプランナーとは?

Googleが提供している「GoogleAdwordsキーワードプランナー」は、インターネット上で行う広告掲載(リスティング広告)に役立つツールで、キーワードが月にどれくらい検索されているのか、競合性はどれくらいあるのかなどを確認することができるツールです。

今回は月間平均検索ボリューム(1ヶ月あたりでキーワードが検索された回数)をキーワードプランナーを使って無料で分析する方法を解説します。

キーワードプランナーを無料で使うのに必要なもの

  • Googleアカウント

Googleアカウントを持ってない方はこちらから取得して初てください↓

キーワードプランナーを使って検索ボリュームを調べる方法

⇒キーワードプランナー

  • 「ログイン」をクリック
  • 「設定ガイドをスキップしてください」をクリック
  • 「保存して次へ」
  • 下記画像のアイコンをクリック
  • キーワードプランナーをクリック

 

 

以前のキーワードプランナーを使う場合

  • 「以前のキーワードプランナーを開く」をクリック
  • 「検索ボリュームと傾向を取得」をクリック
  • キーワード取得ツールで抽出したキーワードをコピー&ペースト

関連キーワード取得ツールの使い方

アクセス

⇒関連キーワード取得ツール

  • キーワードを入力

 

今回は織田信長でやってみます。

  • 全キーワードリストをコピー
  • キーワードプランナーに戻り、ペースト

青色のボタン、「検索ボリュームを取得」をクリック!

  • 「月間平均検索ボリューム」をクリックでボリュームの大きい順、小さい順に並び替えが可能

 

現在(2018年3月)のキーワードプランナーを使う場合

 

  • キーワードプランナーにアクセスし、「使用しているキーワードに関する指標や予測データを確認する」をクリック

 

  • 出てきたボックスに調べたいキーワード、先程説明しました「関連キーワード取得ツール」を使ってキーワードを貼り付ける

 

 

 

  • 最後に「開始」するをクリック!
  • 過去の指標をクリック
  • 「平均検索ボリューム」をクリックし、ボリューム順に並べる

 

こんな感じになります↓

 

 

月間平均検索ボリュームの基準

10~100:
100~1000
1000~1万
1万~10万
10万~100万:
100万~1000万:

 

10~100はそもそも需要がない(みんな興味がなく調べられていない)可能性があるので

1000~1万以上が狙い目!

これだけあればある程度需要があり、上位表示されればアクセスが来る可能性がある。

 

まとめ

 

というわけで、今回は関連キーワード取得ツールとキーワードプランナーを使った

検索キーワードの検索ボリュームを測定する方法を解説しました。

これをしないと何が起こるか?というと、

100~1000の検索ボリュームのキーワードを狙って、上位表示されたとしても

月間50くらいしかアクセスが来ない・・・

ということになります。

そもそも需要がないので、検索順位1位になったとしてもあまり意味がないんですね。

なので、今回の検索ボリュームを調べるのはかなり重要。

アクセスを集めたいなら必ずやっておきましょう。

ワードプレスでアクセスを集めるための基本をまとめました↓

それでは。

 

楽天アフィリエイトで月6万7千円稼いだ!只今、楽天アフィリエイトの報酬を3ヶ月で5倍にした方法を公開中!

「自分の力でブログで稼ぎたい」「でも、専門的な知識なんてない・・・」

「かと言って、稼ぐために興味ない事をひたすら作業するなんて苦痛・・・」

「まず1万円稼ぎたいんです!」

って人は僕の楽天に関するレポートを見てください。

僕が楽天で月67,000円稼ぐまでの道のりをまとめた貴重なレポートです。

今なら無料で配布中!!

ブログアフィリエイト初心者は楽天から始めるのがおすすめ。
このレポート一つで今すぐ楽天アフィリエイトで稼げます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です